今まで何十種類と購入して試してるから価格・飲みやすさを詳しく紹介できるんです / 随時更新していきますので要チェックです。

【おすすめはどっち?】青汁の粉末タイプと錠剤タイプの違い

健康やダイエットなどに効果的な青汁ですがほとんどの人はメジャーな粉末のものを水で薄めて飲むというイメージがあると思います。

最近では皆が健康を意識しだしサプリメントブームで青汁にも錠剤タイプのもが販売されるようになり、種類もさまざまです。

錠剤タイプのものはどこにでも持ち運びに便利で飲みたいタイミングで水で流し込むだけで飲めます。

また、いちいち割り物で溶かしたり、青汁特有の苦味青臭さを感じずに摂取できるので非常に便利ですよね。

ただ青汁の粉末タイプと錠剤タイプではどのくらい違いがあるのでしょうか?

青汁の粉末タイプと錠剤タイプの違い

吸収されるまでの時間

錠剤タイプのものは粉末タイプに比べ飲んでから体で溶け出して吸収されるまで時間がかかるのと吸収される前に排出されてしまうこともあります。

最近の粉末タイプのものは非加熱製法で製造することが主流になっているため熱に弱いビタミン類なども摂取できるためおすすめです。

またお茶やコーヒーで一緒に流し込んで飲んでしまうとタンニンやカフェインの働きによって青汁に豊富に含まれるミネラル(亜鉛)などが吸収されにくくなってしまうので注意が必要です。

価格の違い

青汁の平均的な目安ですが粉末タイプで1包30gを水で薄めて飲むのと錠剤タイプを15錠飲んでやっと同じぐらいの栄養価になるため非効率ですし金銭的にも2倍ぐらいかかってしまいます。

ダイエットに向いているのは?

青汁をダイエット目的で飲もうとしている人もいると思いますがどちらがおすすめかは粉末タイプがダイエットには向いています。

青汁に含まれる食物繊維がダイエットには効果的ではありますが錠剤タイプは吸収が遅く、必要な栄養素が少ないのがデメリットです。

また青汁でダイエットとなると1食以上を青汁に置き換える、置き換えダイエットが主流ではありますが粉末タイプは水などで薄めるため満腹感を感じやすく無駄な間食など抑えられます。

この記事のまとめ

最近は健康や美容ブームもあり昔と比べ青汁に人気が出て子供からお年寄りまでさまざまな人達が飲んでいます。

錠剤が販売されるようになってからは青汁の苦味や青臭さが苦手な人も摂取しやすく改良され手軽に栄養も摂取できるようになました。

でもせっかく健康や美容のために飲むのでしたらより効果的な粉末タイプのものを選ぶことをおすすめします。

この記事を読んでみて青汁を購入してみようと思った人は下記におすすめをランキング形式で厳選してまとめていますので参考にしてみてください。